「ブローガーシテム導入」第3回(最終回)
 
1990年4月のコペンハーゲンに於ける交渉で大筋合意した内容について、その後はメール交換により契約内容の詳細を煮詰め、1990年6月コペンハーゲンにて契約書にサインし契約が成立したのです。
 
その内容の一部には下記のように書かれています。

 
  • ミヤザワは世界で唯一「ブローガーシステムを使用出来る」会社である。
  • ミヤザワは6ケ月毎にそのロイヤリティーをヨハン、ブローガー氏に支払う。
  • ブローガー氏の持つ世界特許は氏の責任に於いて管理される。

以上によりブローガーシステムの導入に成功した我々は、すべてのモデルにこのシステムを装着する為に次の挑戦が始まったのです。
 
早速、試作を開始しましたが、これまでノックピン方式でフルートを製作してきた我々には想像以上に難しく、ベテラン技術者のK氏は朝から夜遅くまで頑張りすでに3ケ月になるのに最初の試作品は完成せず、焦った私はパーツメーカーのF氏に相談したり、NC機械メーカーに出向いて相談したりの毎日でしたが、これらの協力者の支援で1990年12月には量産可能な試作品第一号が出来たのです。
 
1991年1月より量産を開始しましたが、これまでのノックピン方式とは全く違う製造方式により、当初は生産を30%もダウンして品質を維持したのです。
 
あれから25年の年月が経過し、今ではあの頃の苦労が無かったかのように毎日世界中のお客様にブローガーシステム付のミヤザワフルートが届けられていて、皆様から高い評価を頂いています。
 
最後にヨハン・ブローガー氏は当然のこと、これまでこのシステム導入にご尽力頂いた全ての皆様に心からお礼を申し上げ、このシリーズを閉じたいと思います。
有難うございました。
 

ミヤザワフルート創業者 宮澤 正


↓ブローガーシステム導入第1回はこちら↓
http://miyazawa-fl.jugem.jp/?eid=250

↓ブローガーシステム導入第2回はこちら↓
http://miyazawa-fl.jugem.jp/?eid=276



 
JUGEMテーマ:フルート

「ブローガーシステム導入」第2回

翌朝、私のホテルに来たブローガー氏は
「弁護士はあのように言ったが、私はそんな高額は考えていない」
と言う。
 私は当日フランクフルト経由で帰国しないといけないので、彼には検討して4月に再度コペンハーゲンに来る約束をして別れた。
 
私はこのような外国人との特許使用に関する交渉は初めてあり、不得意であったので帰国後、好意にしている弁理士事務所に行って相談したり、文献を当たって勉強もしましたが、最後は両者の交渉しかないので同年4月再びデンマーク、コペンハーゲンのブローガー宅を訪れたのです。
 
1月訪問の際はコーヒー1杯であったが、当日彼の家に着いたとたん奥様から
「宮澤さん、私は昨日から宮澤さんと夕食する為に準備しているので是非今晩はここで食事をして下さい」
と言われ、一瞬驚くと同時にまだ何も決まっていないのにご馳走になっていいのか、、、と迷いましたが、折角用意して頂いているので
「Ok,Thank you very much」
と答えた。
 
今から交渉が再開されるが、何だか悪い気がせず
「もしかしたら良い条件で妥結出来る」
ような気持になった。
案の定、開口一番ブローガー氏から
「宮澤さん、前回弁護士の言った初回契約金について私は考えていない」
と言われ、一挙に緊張感から解き放された事を良く覚えている。
 
交渉の結果は私から提案した「ミヤザワの出荷数×ロイヤリティー」で大筋同意し、今後はロイヤリティーの中身についてお互いに勉強し、次回には正式契約するところまで話は進んだ。
 
交渉後、すでに時刻は夜8時頃になっていたが、奥様の手料理(デンマーク料理)と赤ワインで夜遅くまで楽しい時間を過ごしたのです。


第3回に続く。

ミヤザワフルート創業者 宮澤 正

↓ブローガーシステム導入第1回はこちら↓
http://miyazawa-fl.jugem.jp/?eid=250



 
JUGEMテーマ:フルート

「ブローガーシステム導入」第1回

創業20周年を迎えた1989年頃になり、更なる品質の向上をする為に色々な情報を集めている時、好意にしている先生から
「ブローガーシステム勉強してみたらどうか?」
という話を頂きましたが、私は不勉強でこのシステムについては全く聞いた事もなく知りませんでした。
早速調査をしたところ、このシステムはデンマークのヨハン、ブローガーさんと言う方が考案したシステムであって、フルートの右手、左手の連絡部分にピンを使用しないで連動させるシステムである事、このシステムは従来品に比べパイプと芯金の抵抗が約50%低下する為にキーの動きがとてもスムースである事等々を知りました。
又、このシステムはすでに国際特許をブローガーさんが取得している事も知りました。
 
そこで検討の結果、先ずはデンマークのブローガーさんに直接会って、このシステムを使用させてもらえるかどうかが重要であるので、1990年1月私はデンマーク・コペンハーゲンに在るブローガーさんの自宅にお邪魔し交渉を開始したのです。
しかし、交渉当日ブローガーさんが依頼した弁護士が同席し交渉の結果、このシステムを独占的に使用する為にはロイヤリティーの他に手付金として3000万円(日本円)が必要と弁護士から話が出て、結果的に当時のミヤザワには負担が大過ぎその支払いが出来ないので、残念ながら諦めるしかなかったのです。
 
ところが、その翌朝ブローガー氏が私の宿泊しているホテルに尋ねて来て、
「宮澤さん、昨日弁護士はあのように言いましたが、私自身はそんな多額は考えていない」
と言うのです。
 
第2回に続く。


ミヤザワフルート創業者 宮澤 正



 
JUGEMテーマ:フルート

「1本合わせの初歩的製造から互換性の高い製品開発へ」

ミヤザワフルートは1969年の創業時から約20年間1986年まで1本の管に一個のキーを合わせるという完全手工によるフルートを製作していました。(当時はどのメーカーも同じです)
しかし、この製造手法はバラツキが大きく結果として「良く鳴るフルートと余り鳴らないフルート」が出来るという不具合が生じていたのです。

当時のキーは鋳物によりキーを製造している事が大きな問題となっていて、バラツキの無い楽器にする為には、どうしても同じ形状のキーを作る事が急務であり、その為に新潟の燕三条市の洋食器製造メーカーに相談したり、時計のケースメーカーに行ったり全国を歩き、最終的に福井県の眼鏡フレームメーカーと縁があり、日本で初めての鍛造(金属を金型で成形する)キーによるフルートを開発成功したのです。

今日、多くのフルートメーカーがこの方式を取り入れるようになっていますが、ミヤザワの影響に因るものです。
この結果、驚異的にバラツキの少ない現在のフルートが出来たのです。


ミヤザワフルート創業者 宮澤 正



↓ミヤザワフルートのHPはコチラ↓
http://www.miyazawa-flute.co.jp



 
JUGEMテーマ:フルート

「1975年スエーデンの旅」

弊社は1969年に創業し、当時から国内販売を想定しフルート作りを行っておりましたが、当時知名度の無いミヤザワは販売に苦戦しておりました。
悩んでいたそんな折りの1974年秋スエーデンのWarner Porstという人物より手紙がき、その内容は
『ミヤザワの販売を自分にさせてほしい、、、』
というものでした。

当時、私は無知でスエーデンと聞けば「雪深い北国」程度の認識しかありませんでしたので、この国でフルートが売れるとは思わず1ケ月程度返事もしないまま放置していました。
すると再度先方から価格を知らせてほしい旨の手紙(当時はEールはありません)が届き、初めてスエーデンでの販売を意識し翌年1月(1975年)ドイツでのMusik Messeの後、単身でスエーデン、ストックホルムに初めて行ったのです。
当時、私は英語もスエーデン語も解らずストックホルムの日本大使館からのヘルプで2日間滞在し、この間オーケストラの奏者、音楽大学の教授等々紹介されました。

この時からスエーデンでのミヤザワ販売は始まったのですがミヤザワブランドでのヨーロッパ販売はスエーデンが最初の国になり、これを契機にドイツ、イギリス等に販売拡大していったのです。
 
その後、Warner氏の息子であるStephan氏が26歳の時来日し、私の自宅に滞在した関係から個人的にも今日まで親しくし忘れられない国のヒトツとなっています。

ミヤザワフルート創業者 宮澤 正



現在『イチから住』という番組で飯島町への移住体験が放送されています。
毎週日曜、18:30からテレビ朝日での放送です。
ミヤザワフルートを作っている自然豊かな飯島町を知っていただけたら嬉しいです。
↓詳細はコチラ↓
http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/backnumber/0014/



↓ミヤザワフルートのHPはコチラ↓
http://www.miyazawa-flute.co.jp



 
JUGEMテーマ:フルート

管体製作
 
私は学生時代に吹奏楽をやっていた関係から、就職に関して当時の指導者より日本管楽器株式会社(現ヤマハ)を紹介され入社しました。
 
当時の日本管楽器工場は東京都板橋区にあり、ピッコロからスーザホンまで全ての管楽器を製造し、社員数は約600人程でありました。
 
私は営業部修理サービス課に配属され、製品のクレーム処理及び一般修理品の取り扱いをしていて、その関係からほぼ毎日製造現場に行き各々の製造関係者と打ち合わせをするのが日課でありました。
 
そのような環境からフルートの製造工程は毎日見ていたので、ミヤザワフルートの創業時に特段の心配はありませんでしたが、いざ自分の手を汚してフルートを作る段階になり驚いたのは
「見た目と実際は余りにも違う」
という事であります。
つまり、創業当初の私は余りにも未熟で甘い考えであったということで、今46年前を振り返ると大変恥ずかしく、自分の甘さに驚くばかりです。
 
フルート製造の第一歩はフルートの管を作る事ですが、日本管楽器時代現場を見ていると余りにも簡単にトーンホール(音の出る部分)が出来ていたので、さほど大変とは思わず作業を開始しました。
ところが、トーンホールを引き上げてみると見事に先端が割れてしまい、1日が過ぎ1週間が過ぎても16個のトーンホールは出来ませんでした。
元々製造技術者でない私はこの理由が解らず悩んだ末、日本管楽器の大先輩である久藏菊雄氏(当時三響フルート製作所社長)に電話しご指導を仰いだところ、大変親切に基本を教えて頂きましたが、これが機会となり以来40余年に渡り久藏大先輩とは特段のお付き合いを頂き、終生忘れる事の出来ないご厚情を賜りました。
 
以後46年間経過した現在、苦労したトーンホール製作は全く順調で当時から想像すると夢のようです。
管体作りで得た教訓は
「自分で苦労する事で人の苦労を知る」
という事です。
 
ミヤザワフルート創業者 宮澤 正



イアン・クラーク個人レッスン開催決定!
8月19日(水)@ミヤザワフルートアトリエ東京
↓詳細はコチラ↓
http://www.miyazawa-flute.co.jp/event/event/event.html



↓ミヤザワフルートのHPはコチラ↓
http://www.miyazawa-flute.co.jp



 
JUGEMテーマ:フルート

5月12日朝、私が大変尊敬していたノルウェーの弊社代理店創業者であるJan Ostnes(ヤン・オスネス)氏が他界されましたので、ご冥福を祈り彼との関係をお話します。

弊社(私)は1975年当時、海外でミヤザワフルートの販売を進める為に毎年ドイツフランクフルトで開催されるMusik Messeに出かけていました。
そこで偶然友人の紹介によりこのOstnes氏と出会いました。
彼は1975年当時、ノルウェーOsloから車で30分ほど離れたLillestrom
リレストローム)という小さな町で楽器小売店を経営していました。

彼は子供の頃からピアノを弾いており、自宅には自慢のドイツ製グランドピアノが置いてあり、私が自宅を訪ねると食事の途中で席を立ちJazzの演奏を聞かせてくれました。

1976年よりミヤザワのノルウェー代理店として、ノルウェー国内の楽器店をくまなく訪れて、当時全く無名のミヤザワの販売に尽力し瞬く間にミヤザワフルートを一流品にし、時のオスローシンフォニーオーケストラの首席フルーティストTorkil Bye氏も使用する楽器となりました。

1984年の弊社創業15周年には夫妻で日本まで来て頂き楽しい1週間を共に過ごしました。
当時のエピソードですが、新宿京王ホテル25階のレストランでの夕食時、彼は赤ワインを注文し試飲をしましたが、
「サワー」
と言い、実に15本の試飲を繰り返しましたが、彼に気に入るワインは1本もありませんでした。

弊社創業時の恩人である彼を失った事は痛恨の極みであり、寂しい限りであります。
今はミヤザワフルート製造株式会社全社員と共に彼のご冥福を心から祈りたいと思います。
ありがとうJan。

ミヤザワフルート創業者 宮澤 正




↓ミヤザワフルートのHPはコチラ↓
http://www.miyazawa-flute.co.jp



 
JUGEMテーマ:フルート

創業時の思い出は沢山ありますが、多くの皆様が興味があり一番聞かれる
「宮澤さんはどうしてフルートを作るようになったんですか?」
という質問についてお話したいと思います。

管楽器の中でなぜフルートを作るようになったか。

私は勤務していた日本管楽器株式会社(現ヤマハ)から独立する際に何を作るか悩みました。
自分が演奏していたクラリネットは材質が木で、しかも内径にテーパーが付いている。
サックスは曲がっていて簡単には出来ない、、、、
そこでフルートはストレート(真っ直ぐ)でしかも曲がっていないので、
これは簡単と思いフルートを選んだのです。

しかし、製作を始めてみて選択が間違っていた事を知るが、
すでに振り出しには戻る事が出来ず今日まで苦労してきました。

難しさの最大の理由は、フルートはクラリネットやサックスのようにリードやマウスピースが
付いていなく自分で音を作る楽器であるので、音の良く出る頭部管を作るのが最大の難所であり
しかも手で加工する為同じ物(同じ音)を作る事が出来なかったのです。
(現在はCNCマシーンがあり1000分の1単位で加工出来るので誤差は僅少)

ミヤザワフルート創業者 宮澤 正




↓ミヤザワフルートのHPはコチラ↓
http://www.miyazawa-flute.co.jp




JUGEMテーマ:フルート

1

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM